CASE

5 TSUBO CAFEの導入事例や
参考レイアウトをご紹介します

2017.05.15

人の「輪」が生まれる空間。クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン様

オフィス作りのコンセプトは 「OPEN THE BOX!」。高品質のドーナツとコーヒーを提供するクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン様の5 TSUBO CAFE活用事例をご紹介します。

導入企業:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社様
業種:その他
入居者:40名
5 TSUBO CAFE設置フロア面積:254㎡
5 TSUBO CAFE什器タイプ:1 TSUBO サークルタイプ
デザイン:プラス株式会社 ファニチャーカンパニー


オフィス移転をきっかけに導入

高品質のドーナツとコーヒーを提供するリーディングブランドであるクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン様。
日本上陸10周年の節目の年、心機一転のご移転にプラスをお選びいただきました。
プラスがご提案した空間コンセプトは「OPEN THE BOX!」。買ってきたドーナツのボックスを開ける瞬間のわくわく感を表現するオフィスをご提案しました。

オフィスの移転前、プラスファニチャーカンパニーの東京オフィスをご見学いただいた際に、 「1 TSUBOサークルタイプ」を見てご興味をお持ちいただき、5 TSUBO CAFEの導入をご決定。会社の顔であるエントランスに設置することになりました。

社員が自然と集まる空間へ

クリスピー・クリーム・ドーナツ ・ジャパン様には、毎日の習慣があります。それは、毎朝、社員が当番制で店舗を訪れ、お客様へ提供しているドーナツを事務所まで運んでくるというものです。
この取り組みは、商品の試食はもとより、定期的に店舗へ足を運ぶことで、現場との距離を近くするという目的があります。
また、美味しいドーナツが届くことは、社員の福利厚生の一環にもなっているようです。

そのドーナツが5 TSUBO CAFEに置かれるようになると、配布されるドーナツを受け取りに、社員が自然と集まるようになりました。
ドーナツを食べながらコミュニケーションを取る光景も多く見られ、5 TSUBO CAFEは井戸端会議のようなスペースになっているとのことです。

人の輪をつくる5 TSUBO CAFE

ドーナツの丸い形を連想させる「1 TSUBOサークルタイプ」。エントランスから見える場所にあることで、それ自体が広告としての効果も持っています。社員の間にも5 TSUBO CAFEを 「見せる」意識が自然に生まれ、とても綺麗に保たれていました。
5 TSUBO CAFEの隣に広がるのは、テーブルとチェアが並ぶ多目的スペース。ミーティングやランチで利用され、エントランス周辺は、明るく賑やかな空間になっていました。

「1 TSUBOサークルタイプ」の円形の形が、ドーナツの輪のように、人の輪をつくるお手伝いをしています。


■クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社様のオフィス移転事例はこちら

CASE一覧に戻る

ACCESS

プラスファニチャーカンパニー
東京オフィス

〒102-0073
東京都千代田区九段北4丁目1番7号
九段センタービル 11階

  • 東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線 市ヶ谷(出口 A4)徒歩約2分
  • JR 市ヶ谷 徒歩約5分
  • 東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線 九段下(出口 1)徒歩約12分
  • 東京メトロ半蔵門線 半蔵門(出口 5) 徒歩約9分

+PLUS(ショールーム)

〒100-0014
東京都千代田区永田町 2-13-5
赤坂エイトワンビル 1階

営業時間:月~金 10:00-17:00
定休日:土日・祝祭日

  • 東京メトロ丸の内線・銀座線:「赤坂見附」駅 ベルビー赤坂出口 徒歩2分
    プルデンシャルタワー 11番出口 徒歩1分
  • 東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線: 「永田町」駅 8番出口 徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線:「赤坂」駅 2番出口 徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・南北線:「溜池山王」駅 7番出口 徒歩6分
Page top
Page top